介護支援専門員関連情報

比較的若い介護資格のひとつ介護支援専門員

最近では、ケアマネージャーと言う呼び方も定着しつつあり、時にはケアマネと言う略語で呼ばれることも多々ある介護支援専門員は、介護保険制度が導入された平成12年4月に創設された、比較的若い資格です。必要とされる専門資格と5年以上の実務経験がなければ受験資格を得られないこともあって、専門性の高い資格のひとつでもあるのです。これは、医療や福祉、保険と言った各種専門職において実務経験のある者の中から介護支援専門員を養成すると言う考え方に基づいたものなのです。介護支援専門員は、ケアマネージメントを行っている事業所または介護保険施設等へ所属し、各種業務を遂行することとなるのです。介護支援専門員自体の質を向上させるべく、5年毎の更新が行われています。