介護支援専門員関連情報

介護支援専門員という仕事

ヘルパーやデイサービスといった言葉を聞いたことがあっても、介護支援専門員という言葉は耳慣れないかもしれません。ケアマネージャーとも呼ばれ、要介護認定・要支援認定を受けた方の相談を受け、ケアプランを立て介護サービス事業者との連絡や調整を行う人のことです。要介護者等は担当のケアマネージャーが一人つきます。要介護者等や家族は、何か困ったことや使いたいサービスなどの要望を伝えます。いわば窓口的な存在です。介護保険を利用し始めても、不満や変更してほしい点、福祉用具を利用したなど様々な意見が出てきて、その都度ケアマネージャーに相談に乗ってもらうことができます。介護保険認定更新の際に開催される担当者会議の日程調整なども行います。新規や認定更新などのたびに作成される個々のケアプランの作成費は全額介護保険の適用となり利用者負担はありません。介護支援専門員は担当利用者の窓口的存在であり、利用者の生活に密接に関わる仕事であります。