介護支援専門員関連情報

介護支援専門員の資格とは

介護支援専門員(ケアマネジャー)は、介護が必要になった人に対して適切なサービスの提案や調整、手続きの代行等を行う職種です。介護支援専門員は、国家資格ではなく都道府県知事の登録が必要な資格となっています。介護の専門職として介護保険制度の導入とともに新しく作られた資格で、受験資格は医療や福祉系での実務経験が5年以上必要です。筆記試験に合格後、実務研修を受講し、都道府県知事に登録することで仕事をすることができますが、仕事をする時には必ず介護支援専門員証を携帯することが必要です。この介護支援専門員証には有効期限が設けられており、5年後ごとに更新研修を受講し、再度登録をしないとその職に就いてはいけないことになっています。